日本障害者虐待防止学会

ももたろう募金にご協力ください

日本障害者虐待防止学会では「ももたろう募金」を始めました。
特に、障害者福祉施設等の職員による虐待防止のためには、通報者の立場・活動を守ることが極めて重要です。
これまでも、虐待を通報した職員が、施設や法人から不利益な取扱いを受けたり、中には訴訟を起こされたりして、弁護士などの専門家に依頼して個人が法人と対抗しなくてならない事例もありました。そのような状況になると、通報者が社会的・経済的に大きな負担を強いられるため、通報後の活動を維持できなくなってしまうケースが少なくありません。そしてそれは、そもそも通報行為そのものを委縮させてしまうことにつながりかねないため、みんなで協力して支え合う必要があります。
「ももたろう募金」は、通報者の通報及び通報後の虐待防止のための活動資金を援助することなどを目的に募金を集め、実際の事案が起きたときに援助するためのものです。

募金のお申込みは、以下のお申込みボタンよりをお申込み下さい。

募金のお申込み

ももたろう募金の取扱規定は、こちら。
https://drive.google.com/file/d/1LzPs-ufFUoOHM84hC1VDbN7-C9_hLagj/view?usp=sharing

ももたろう募金特定寄附募金目論書は、こちら。
https://drive.google.com/file/d/1vlWp3O7-4dWoYKqAIDsTZ2XKtTVIUn2w/view?usp=sharing

募金の実績(2021年6月28日現在)寄附者数:19人 募金総額:521,001円

ご協力、ありがとうございます!

助成のご報告

2021年6月28日助成実施
A県Z施設の職員らによる身体的虐待の疑い及び経済的虐待の疑いを自治体に通報したところ、適切な事実確認調査が行われないため、法律専門職に依頼して通報事実に関する書面を作成し自治体、施設に提出するとともに、複数の法律専門職を代理人として事実確認を求める対応を行った。
【助成額】270,000円(法律専門職による文書作成費及び代理人依頼経費)